感謝。そしてがんばるらいふぶろぐ(仮)

好きなこといろいろ。2018年3月生まれの女児育児中。ジャニーズが好き。

【育児】0歳児のいる家庭の非常用持出袋

大阪で大きな地震があった時、娘はまだ3か月でした。朝起きて夫を送り出し、授乳が済んでしばらくしてからテレビを点けて初めて地震の発生を知りました。そして娘を抱きながら、こんな小さな、すぐに消えてしまいそうな命を抱えて何かあったときに、私はどうすれば良いんだととてもとても不安でいてもたってもいられなくなったことを覚えています。

もともと熊本地震の後に購入していた非常用持出袋はありましたが、中身をろくに確認しないまま置いてあったので、この機会に中身のチェック、及び乳児に必要なものを含めて作り直すことにしました。

 

基本的なものは購入した非常用持出袋にかなり揃っていたのですが、今回は中身を

①「絶対に必要なもの、一人分の水分や保存食、乳児のもの2日分程度」を入れるバッグ

②「乳児のもの1週間分程度」を入れるバッグ

③「一人分の水分や保存食、あったら良いもの」を入れるバッグ

の3つに分け、必要に応じて①から持っていくことが出来るようにしました。私と娘だけがいることの多い日中に何かあった場合、娘を抱えて持っていけるものには限りがあると考えたからです。また、乳児用のグッズを考えるにあたっては、こちらのブログを大いに参考にさせて頂きました。


乳児がいる我が家の非常用持ち出しセットを作りました - よーさんと私と

また、乳児用のものはすぐにサイズアウトしてしまうものもあるし、月齢が進むにつれて必要なものも変わってきます。そのため、最初にこの非常用持出袋を作った23日を毎月の我が家の防災の日に制定し、中身を入れ替えていくことにしました。娘の誕生日が24日なので、その前日と考えると忘れないかな、と思っています。

 

さて、私の購入していた非常用持出袋は以下のものですが、こちらの中身をどのバッグに入れたのか、何を追加したかを自分用のメモの意味も含めてこちらの記事で整理しておきたいと思います。


f:id:kotonoha13:20180729063805j:image

以下は写真の右上から順に記載しています。

 

①のバッグに詰めたもの

・レジャーシート

・ビニール袋 45L×10枚

・蛍光簡易リュックサック   ★

・タオル ★

・マスク ★

・防災クッション(クッションや防災頭巾になる) ★

・簡易トイレセット ★

・避難所セット(スリッパ、エアー枕、アイマスク、耳せん、歯磨きセット×6本)

・軍手 ★

・水で流せるティッシュ ★

・保存食(水 500ml×1本、レスキューライス×3袋、フリーズドライビスケット×2箱) ★

・ラップ

・手回し充電式LEDライト(スマホ充電、ラジオ対応)

・アルミポンチョ(防寒着) ★

・加熱袋&発熱材 ★

・ホッカイロ ★

・簡易寝袋 ★

・防水シート  ★

・応急処置セット(消毒液、コットン、ガーゼ、包帯、絆創膏、綿棒)

・マジックペン

・マルチツール(はさみ、缶切り等)

・ライター

・単4電池×4本

・ホイッスル

以下は乳児用に加えたもの

・おむつ 10枚

・赤ちゃん用の水 500×3本

・明治ほほえみミルクキューブ  200ml用×24袋

・おしりふき 60枚×1

・手・口ふき 100枚×1

・哺乳瓶 4本

・紙コップ 10個

・スプーン 4本

・割りばし 2本

・ストロー 2本

・レジ袋 2枚

・着替え 3枚

・沐浴布

 

②のバッグに詰めたもの

・おむつ 50枚

・おしりふき  60枚

・明治ほほえみミルクキューブ  200ml用×48袋

・紙コップ 20個

・赤ちゃん用の水 500ml×3本

 

③のバッグに詰めたもの

・①のバッグに詰めたものの★マークが付いているもの(ただし水は500ml×5本)

・三角巾

・ウォーターバッグ

・ローソク

・布テープ

・ロープ

・ウェットティッシュ

・LEDヘッドライト 

 

 以上です。

上記のものに加えて貴重品などをすぐ持ち出せるようにしておきます。また、抱っこ紐に娘を入れて抱え、おくるみタオルも持っていくことになると思います。避難時の状況によりますが、ベビーカーに荷物を入れて避難所に向かえるようであれば、避難所で娘の居場所のひとつにできるのではないかとも考えました。

哺乳瓶はすでに使い込んでいたため、今回普段使っているものは新調しました。そして非常用には古いものを入れました。また、着替えも姪っ子からのおさがり(だけどデザイン的に着なさそう…というもの)入れておきました。沐浴布は普段はもう使っていないので、大きなガーゼ代わりに入れました。

そのほかにもおむつやミルクキューブは上述した月1のチェックの際にサイズや消費期限を考えて詰めなおさなくてはいけないと思っています。

 

ところで、今回この記事を書きながら改めて見直したところ、①のバッグにそれほど必要のないものも入っているように感じました。現在のところやはり①のバッグが非常に重くなっていますので、安全に避難することを第一に考えて、もう一度③のバッグに移せるものはないか検討をし直そうと思います。