感謝。そしてがんばるらいふぶろぐ(仮)

結婚式準備と新生活でのあれこれめも。

結婚式に旧友から貰った、最高の「いいね!」

よく晴れた6月の日。私は美しい刺繍の入った鮮やかな朱色の打ち掛けを纏い、ハレの日を迎えた。

彼女は、披露宴会場の高砂席で10数年ぶりに再会した私に、「良かったね、おめでとう」と涙を潤ませ言った。笑顔がとてもとても綺麗だった。

彼女と私の実家との距離は約100m。自分の家の前から真っ直ぐ伸びる彼女の家への道の、その途中に十字路がある。小学校に行くときも、中学校に行くときもこの十字路で待ち合わせをした。帰り道は、この十字路でまたねと言って別れた。

幼稚園も、小学校も、中学校も一緒だった。小学校は小3からの4年間、中学校は3年間、クラスも一緒だった。部活動も一緒だった。「一緒の部活に入ろうね!」と言っていた彼女は、音楽が好きな私を追うような形で、吹奏楽部に入部した。

彼女は、小さな町でちょっと評判になるくらいの美少女だった。中学校ともなると小さな田舎町でも、少しませた子達が男女交際なんかを始めたりする。ちょっと化粧してみたり、流行りのものをすかさずチェックしたりして、そんな学校内マウンティングのトップにいるような子達が、必ず男女混合のグループで行動するのはなぜなのだろう。ともかく、他校の男女グループが、なぜか彼女のことを知っている。運動も出来る子だった。各学校で選ばれた選手が集まって競う町内の合同運動会では、彼女に話しかける機会を窺う人がたくさんいた。

私はそんな彼女の隣にいて、いつも「その他」の存在だった。

 

つづきはこちらからお願いします!

結婚式に旧友から貰った最高の「いいね!」 | 天狼院書店