感謝。そしてがんばるらいふぶろぐ(仮)

結婚式準備と新生活でのあれこれめも。

【ドラマ感想】みんな嘘つき

何度も何度も何度も繰り返し聴いている、ドラマ・カルテットのエンディング。凄い迫力、圧倒的な美しさ。
楽器の四重奏と歌声の四重奏と、ピアノやその他色んなものが散りばめられて重なって絡み合う。信じられないくらい緻密な図形を描く雪の結晶を見ている時のような感覚に襲われる。全てが計算されているようで、聴けば聴くほど奥深くにまた音があって。ひとつひとつ分解してその構造を見てみたいけど、ひとつ何かが崩れたらきっと二度と元に戻らないのではと感じるほどの繊細さに恐ろしささえ感じてしまう。松さんの真っ直ぐだけどどこか艶のある声と、満島さんのかすれて消えそうなのに強く耳に残る声が混ざりあって頭の芯がぼうっとする。
先週TBSが1週間エンディングの映像をネット上で公開していた。その映像も、何度も何度も繰り返し見ていた。松田龍平が松さんを見つめる視線、満島さんがそっとこちらを見る視線にぞくぞくする。そうか、俳優さんは目で演じるのだ。
そして椎名林檎の作り出す楽曲の世界、1曲で物語が始まり終わったかのようなドラマチックな曲の構成とメロディーがすごい。たぶん今さらだけど、そんなに椎名林檎を知らなかったので。それでも詳しくない私が1話のエンディングをさわりだけ聴いたところで「これ、椎名林檎?」と聴いたくらいにはものすごい椎名林檎節だってことは分かる。椎名林檎とストリングスの相性も凄い。

1話は確か食後に食器でも洗いながら見ていた。そうすると必然的にあまり台詞が聞こえず、映像も淡々としているので全く訳の分からないドラマだったと感じた。エンディングで驚いて、それからエンディングを見るためのような形で2話3話と見ていったら、訳が分からないドラマが、何故か目が離せないドラマになった。注目している、という意味ではなく、1時間の中で文字どおり目が画面から離せなくなってしまう。
先程エンディングが緻密だと述べたが、ドラマの内容はもっと緻密だった。基本的にあまりイベントの起こらない、日常を描いただけのようなドラマなのに、4人がこれまでの人生で抱え込んできたたくさんの秘密が水面下で複雑に絡み合って、なんとなく、小説のようなドラマだな、と思っていた。
でも第5話の最後のあのシーンで、小説のようなんてとんでもない、と思い直した。言葉の応酬、台詞だけで色んな情景が描かれていくところは確かに小説っぽい。でも、それがどのタイミングで、どういう風に投げ掛ける、時に投げつけられるかであんなに恐ろしいシーンになるんだと思った。
吉岡里帆の演技が凄かった。もちろん主演の4人は、むしろ演技がどうかなんて考える隙も与えてくれない人達なので置いておくとして。有栖ちゃんの「まるで演技かのような」演技が凄くて恐ろしかった。
「みんな嘘つき」
人は、特に“まともな大人”は、みんな知ってること。当たり前のこと。みんな嘘をつく。演技をする。知ってるけど言わないこと。見て見ぬふりをすること。人はみんな皮を剥げば骸骨だって、みんな知ってる。知ってるのに、わざわざ皮を剥いで見せてくれたかのような、そんな恐ろしさがあった。ちょっとしたスプラッタのホラー映画よりもしかしたら怖いかもしれない、このドラマ。
そしてもうひとつ、このドラマで繰り返し言われることがある。大人はみんな知っているのに、見て見ぬふりをしていること。それは
「夢は叶わない」
ということ。
もちろん、ドラマ・カルテットの世界では、であることを願うけど。

5話で第1章が終わったという。これからどうなっていくのだろうか。考えるのは、恐ろしくて、面白い。

【すきなもの】テーブルウェアフェスティバル2017

毎年2月初旬に東京ドームで行われるテーブルウェアフェスティバルに行ってきました。テーブルウェア=食器のお祭りですが、食器も含めたテーブルのトータルコーディネートで展示され、メーカーだけでなく一般公募でセンスが競われるコンテストも開催されています。あとは黒柳徹子さんを初めとする有名人のコーディネートも見られます。

私は食器類が大好きです。珈琲があまり好きじゃないのに常に喫茶店めぐりをしたい衝動に駆られているのですが、それは家には食器がそれほどないから。だって家でそれほど食器が必要かというと、そうでもない。好きだけど、無駄づかいはしたくない。

そんな庶民にとって天国なのがテーブルウェアフェスティバルです。食器に全く興味のない旦那さんを連れて、ちょっとだけ行ってきました。

ちなみにこの記事はひたすら食器の写真を貼りたいだけの記事ですので予めご了承下さい。

まずは色合いが美しすぎるで賞。(すべて個人的な賞です。)

f:id:kotonoha13:20170214144206j:image

続いて普段使いしたいで賞。
f:id:kotonoha13:20170214144336j:image
f:id:kotonoha13:20170214144355j:image
これは購入決定です。ノリタケのもので、価格がお手頃!3月発売だそう。

次は、憧れの朝食で賞。

f:id:kotonoha13:20170214144530j:image

さらに、元気になれるで賞。

f:id:kotonoha13:20170214144658j:image

ビタミンカラーが素敵でした。

これはスタイリッシュで賞。
f:id:kotonoha13:20170215133258j:image

もはや賞にする意味がわからなくなってきたので、この辺りでやめておきます。
f:id:kotonoha13:20170215133354j:image

カラフルなお庭のコーディネートや、

f:id:kotonoha13:20170215133436j:image

上述したように著名人のコーディネートもありました。上の写真はオードリーと自分の祖母という同年代の素敵な女性をテーマにしたとのこと。
f:id:kotonoha13:20170215133555j:image
f:id:kotonoha13:20170215133610j:image
そして、恐らく一番の目玉はやはり黒柳徹子さんのコーディネートじゃないでしょうか。
f:id:kotonoha13:20170215133701j:image
f:id:kotonoha13:20170215133721j:image
陶で出来た花が素敵です。

購入した器は展示されてるものに比べたらとってもさりげないスープマグですが、普段使いにはかわいい。

f:id:kotonoha13:20170215134042j:image
f:id:kotonoha13:20170215134101j:image
目の保養になったまさに楽園でした!

f:id:kotonoha13:20170215133950j:image

f:id:kotonoha13:20170215134152j:image

f:id:kotonoha13:20170215134237j:image

【生活】妊活・美活始めました!?~これからの生活目標8項目~

結婚式まであと約4ヶ月になりました。子供欲しい願望が強い私ですが、仕事の繁忙期を挟むこともあり、式までは何も出来ません。

ただ、せめて心も体も健康に生きよう!妊活のためだけじゃなくて式ぐらいちゃんと綺麗な肌で挙げたいし!式が終わり次第妊活に入りたい!ということで、気休めぐらいにしかならないかもしれませんが出来ることを色々と考えています。意識が高いわけではなく、週1休み×6週間の繁忙期を何の心の準備もせずに迎えると、文字通り頭ボサボサすっぴんでも何も気にならなくなるほど心も生活も荒むし、休憩もまともに取れないのに短時間でがっつり食事を摂らないとエネルギーが切れてしまうのです。

ということで、やり始めたこと。

基礎体温をつける。

以前少し記録していて、ちゃんとした基礎体温グラフが描けることは確認していたのですが、それから2年近く経っています。日々年齢による体の変化を感じているので、まずは妊活の基本の基本から。管理アプリはペアリズムというものを使っています。とっても使いやすいです。

②栄養バランスを考えた料理を作る。

f:id:kotonoha13:20170206155006j:image
これは今に始まったことではないけど、料理するときは写真の本に頼っています。「イチバン親切な料理の教科書」はちょっと親切すぎて手順めんどくさいですが、肉じゃがとかの超基本レシピが載ってるので調味料の合わせ方とかだけ参考にしています。手順は省きまくってます。ちゃんとやればそれだけ美味しくなるんでしょうが。「帰ってから作れる⚪⚪おかず」シリーズは簡単で美味しいので重宝しています。キッチン栄養学はただただ読んでいて楽しい!私は豆類があまり好きじゃないのですが、この本によると自分の体の不調に効く食べ物が悉く豆類なので観念して食べ始めました。具体的に何の不調に効くか書いてあると、食べるだけで治るような気がするから不思議。大切なのは気の持ちよう!!効いてると思ってれば効くのだ!

③体重管理をする。

上記の通り繁忙期は食べないと痩せます。現在BMI値がギリギリ標準の範囲内なので、ここから1kg増を目指していきたいと思っています。

④白湯と甘酒を飲む。

白湯は超絶冷え性な私にいかにも良さそうだから。NEWSのコンサートグッズのマイボトルを会社に持参し出しました。甘酒は、旦那さんの叔父さんがその辺りの研究者だということで、数ある健康に良いと言われる食品のなかであえて一つ選ぶなら身内を信じてみようと(笑)これも気の持ちようです。ビバ・プラシーボ効果

⑤寝る前に腹筋とストレッチ。

腹筋は結構長く続けていて、最近は50回やってたのですが、やり方が悪かったのか腰を痛めました。それを反省して今はちゃんとした姿勢で20回にやるだけに留めています。その分ストレッチを念入りに。ヨガ友始めました。

⑥仕事中は1時間に1回トイレ休憩。

トイレに行きたくなくてもトイレ休憩。そして腰回しと腕回しが気持ち良いです。あとは1階から8階まで階段の上り降りも1日1回。

⑦夜12時に寝て朝7時に起きる。

寝過ぎ!素晴らしい!実現できたら…ですが。そのためには②にも関連するけど休日に料理の「作り置き」をして、朝に夕食の準備をして、帰ったらすぐご飯が絶対条件になります。できるかなー。

⑧仕事はほどほどに。楽しむ。

基本的な性格が超がつく真面目なので、放っておくと仕事に必要ないほどの責任感と必要ない深刻さをもって取り組みがちです。そこで、ひたすら楽しむ!が目標。トイレ休憩の度に言い聞かせようと思います。週6日遊んでいると思えば週休1日も楽勝!!(?)

以前の繁忙期と違うところは、仕事が自分の第一優先じゃなくなったことだと思います。もちろんお金を貰っている以上責任持ってやるけど、それ以上にがむしゃらやって、会社で評価されようという意識が全くなくなり、それより自分と家族の健康と健全な生活を守ろうという使命感が強くなっています。

こんな8項目を挙げている時点で既に真面目か!と突っ込まれそうですが、言語化とリスト化が大好き芸人なんです…。有言実行がんばります。

 

【式準備⑧】挙式者向け試食会

ドラマにもなった「早子先生、結婚はまだですか?」等の早子先生シリーズ、原作の漫画がとっても大好きです。特に、梅子先生が結婚するエピソードが大好き。町の消防団で会った優しい男性に結婚を前提にお付き合いを申し込まれる梅子先生。迷っていた梅子先生がお付き合いを決意したのは、彼の家に遊びに行った時でした。梅子先生は「結婚は家族が増えるもの」だと言います。そして、彼の家族と会って、本当に素敵だと思った、特にお母さんがとても尊敬できる人だったと決意の理由を幸せそうに話します。この漫画を初めて読んだ時は私はまだまだ絶賛婚活中でしたが、とても心に残っていた言葉でした。そして旦那さんの家族とお会いするたびに、私はこの言葉を思い出していました。

それは彼のお母さん、お父さん、ご兄弟も、梅子先生が言っているような、本当に素敵な方達だったからです。ああこんな方達と家族になれるんだな、自分の家族が増えるんだなと梅子先生の言葉を思い出していました。それは彼の友達も同じで、友達に紹介をされて一緒にご飯を食べていたりすると、なんだか私にも素敵な友達が増えたようで、とても嬉しかったことを覚えています。家族が増えるってすごい。ただのお付き合いではない結婚というものを、一番実感したのはこの点だったかもしれません。

話を式準備に戻します。

試食会に行って参りました。試食会では、18000円、20000円のランクアップのコースに関して、和洋ともに10000円で試食ができます。私たちはこの試食会に両家の両親を呼びました。和洋×2コース全てを試食したいから!という理由で両親を招待しましたが、秋の両家顔合わせ以来会う機会のなかった両家の両親同士がこの試食会で仲良くなってくれたらいいなーという思惑もありました。合計6人なので決して費用もお安くないし、場合によっては同じ料理を2回食べてもらうかもしれませんが(笑)、結果的には呼んで良かったなと思います。試食会なので、私たち二人はお互いの両親からちょこっとずつ料理を取り分けて貰っていたのですが、そのおかげで、家庭でもご飯食べるときこんなやり取りをしていたんだろうなーっていう素の旦那さんとご両親の姿が見られたり。両親同士も会うのが2回目ということで、お酒が進むととても陽気に話していたり。1つの丸テーブルを囲んで和気藹々としていました。本番の結婚式では2つのテーブルに別れてしまうわけので、貴重な時間だったなと思います。

会自体は、まずはもちろん試食ということで、ワインや料理の説明を1つ1つされながらサーブされ、その後各演出の実演による紹介があります。最後にはエンドロールビデオの紹介もありました。スクリーンをこのとき初めて見たのですが、まあまあ大きいものが2つあって迫力が凄かったです。

偶然にも、試食会の司会者が私たちの式の司会者で、途中で挨拶に来てくれました。また私の父親が足を怪我していたので帰りにタクシーを呼んだのですが、その対応もとってもきちんとされていて有り難かったです。

両親同士が会うのは私たちが入籍してから初めてなわけで、両親同士がお互いに、そちらの娘(息子)さんと結婚させて頂いて本当にありがたく思ってます、と深々と頭を下げて言っているのを遠くから聞いてしまい、不覚にもうるっときてしまいました。

東郷記念館のお料理は美味しいのもあれば普通のものもあり…式場を回っている時にASOの料理を食べてしまったので、どうしてもそこと比較すると辛口になってしまうのですが(笑)まあ、悩みどころです。お料理の写真は一応あまり載せないようにしよう…最後のデザートのみ申し訳程度に載せておきます。
f:id:kotonoha13:20170202094108j:image

自分の両親と、そして自分の大好きな人と、これまた大好きな彼のご両親とがなんだか一つの家族みたいに食事を共にしてるのが本当に楽しかったです。両家の両親を呼んでの試食会、なかなかおすすめです!

【ドラマ感想】アラサー、東京タラレバ娘を見る。

(ドラマ見てから原作漫画を読みました。3年後のオリンピックを恐れる30歳と7年後のオリンピックを恐れる33歳って話変わるくらい事情が違う)

仕事で英文法の教科書を眺めていた。すると、その中の仮定法の項で、先日「東京タラレバ娘」のドラマ初回を見た私には、自ずと目に入ってくる言葉があった。それは言わずもがな「タラ」と「レバ」。見れば見るほど無数に並んでいる。
そうか、タラレバとは仮定法だ。
I wish I had ... もしあの時ああしていたら。
かつて仮定法の単元を高校生に教えていた時、私はピチピチの高校生が40人並ぶ教室に向かって名言らしきものを叫んでいた。
「過去は変えられない、今この瞬間も変えられない。でも未来は変えられるんだよ!(だから原則として未来の「もし…」には仮定法は使わないんだよって話。)」
未来は変えられる。本当にそうなんだろうか?

それにしても、「逃げ恥」が空前のブームとなった次のクールでこの「東京タラレバ娘」が放映されるというのは、なんとも面白い巡り合わせだ。妙齢の男女は結婚をしなくては幸せになれない、などといったいつどこで決められたのか分からない固定観念の呪いに苦しむのなら、そんなものからは逃げてしまいなさい。テレビ画面の中でそう高らかに言ったと思ったら、同じテレビ画面の中で今度はそんな呪いを何重にもかけられてがんじがらめになった女性達が、若い男から罵られている。そんな彼女らを見ていると、私も昭和でくくれば一番の若手である2017年アラサー世代の一員として叫びたくなる。私たちが一体何をした?

真面目に生きてきただけ。そう、細かいことを置いておいて受けた大まかな印象としては、タラレバ娘の彼女らはとても真面目な部類の女性なんじゃないかというものだ。そしてとても臆病。周りからの「こうあるべき」という基準にきちんと合わせて、ズル賢くふるまう(当然のように二股かけちゃうマミちゃんとか)ことを忌み嫌い、自分の欲望も表に出さない。臆病だから、その道を外れるようなことはしない。

30代になった彼女らがどうしても上から目線に見えてしまうのは、そんな風に過ごしているうちに自分がどうしたいかが分からなくなって、そんな「こうあるべき」基準でしか男の人や他の女友達を見れなくなっているからじゃないだろうか。

子供の頃にバブルが弾け、社会がどういうものか分かって来た頃には既に将来への希望は見えず、女性の自主性と自立を尊重するふりをして「女性も仕事を」という大人たちの言葉に、この不況の中で生きていくためには、と当然のように納得してきた。勉強して良い大学へ行け、仕事をしろ、それなりの年になったら自分で結婚相手を見つけて結婚しろ、結婚しても仕事は続けろ、家事は女性がしろ、少子化だから子供を生め、保育園がないから仕事をやめろ。

もちろん、私たちは恵まれている。こんな平和で便利な日本に生まれて。そして世間に文句を言いたいのはアラサーだけでも、女性だけでもないはずだってことも重々承知している。でも、うーん、なんか、やっぱり大変。

とにかくひとつ言いたいのは、女子会ぐらい勝手にやらせてくれ!

ただね、原作のように他の人に迷惑をかけるレベルなのは確かにダメだけどね。

そして、ここからは個人的な視点の話になるけれど、いわゆる女子会での話題がとってもつまらないと思っている自分もいる。職場の人の悪口と合コンで会った男性の悪口と、合コンで会った男性と友達とのその後、場合によっては友達の友達が合コンで会った男性とのその後。会ったこともない人の悪口にも他人の恋愛にもそれほど興味がなく、マイナスのことを出来るだけ口に出したくない自分は、たぶん究極的に女子会に向いていない。

だからさ、みんなジャニヲタになろうよ!二度と姿を見ない男性の悪口より、成長を見守ってきた男性の晴れ姿を我が子のように自慢合ってた方がよっぽど楽しいよ!彼のデビューを見届けるまでは何があっても死ねない!!とか叫んでる方が強く生き残るよ!!

と、冗談ぽく言ってみたけどプラスのことを口に出すことは、やっぱり何かしらの良い影響を与えてくれてるとは思う。そして、ジャニヲタと話している時は、女性間のヒエラルキーが全く関係ないのもとても楽しい。宮木あや子さん著の「婚外恋愛」もそう言えばそんなことがテーマになっていたけれど。アイドルの前では誰もが平等。年齢、収入、容貌、結婚してるか、彼氏がいるか、仕事などの社会的地位はどうか。同じ学校を卒業したり、同じ職場にいたりする女性同士で話すとき、どこかしら牽制し合う雰囲気があるのはそういったものの差を気にするから。そしてそこにランク付けをするから。一旦そこから解放されると、なんてたくさんの人と知り合え、そしてなんてたくさんの話を心から楽しんで出来るのだろうと思う。

だけど、やっぱり現実にはガッチガチにまとわりつく何かがある。自分にも、周りの人にも。私たちはどうすればいいのだろう?

東村アキコ先生は「東京タラレバ娘」を、近くの友達をネタに「面白がって」書いているだけだと漫画の後書きに書いていた。びっくらこいて、同時にすごく納得した。たぶん、この漫画に「女性はこう生きていこう」みたいなありがたいメッセージが示されることはないのだろう。

なので、今はただタラレバ娘の3人が「逃げ恥」ドラマを見て少し気を楽に生きていることを願って、私たちもまた生きていこうと思う。未来は変えられる。たぶん。

【式準備⑦】クリスマス・イブに結婚指輪を買いました!

クリスマス・イブにティファニーにて結婚指輪を購入しました!
f:id:kotonoha13:20170111224911j:image
丸の内店で予約をすると、個室に通してお茶を出してくれると以前の記事に書いたのですが、今回はクリスマス・イブともあって混み合っているのでその対応が出来ません、と前もって電話を貰っていました。まあ、日取り的に仕方ない。そして、これも以前に書いたように担当さんも変わります。そう言えば銀座本店にブライダル専門の店舗が併設?されたようですね。そちらでは、丸の内店と同じような対応を取ってくれるのかな。
ちなみに、その前にお互いクリスマスプレゼントを買ったのですが、私は一目惚れしたRosemontの茶色い革ベルトのミニマム時計を頂きました。

f:id:kotonoha13:20170111224455j:image
実はそれまでに下見していたどの時計屋さんでも在庫がなく、前日に新宿で初めて実物を見て、でも一応他のものとも迷って15分ぐらい後に再来店したらなくなっていた!という出来事があったので、在庫があるかドキドキしていましたが、この日は訪れた1軒目で無事手に入れることができました。
f:id:kotonoha13:20170111224523j:image
かわいいな~。Rosemontの時計は全部ツボです。
これまたずっと行きたかった交通会館のカフェローヤルで軽くお昼ご飯を食べて、ティファニーへ。
ここのたらこスパゲッティも、アルデンテ?それ何?くらいの勢いで柔らかくてもっちりしていてめちゃくちゃ私の好みでした。つくづくお洒落なお高い食べ物より昭和感漂うものが口に合うなーと。

f:id:kotonoha13:20170111225011j:image

f:id:kotonoha13:20170111225036j:image
この日はとっても天気が良くて、少し寒いけど抜けるような青空が綺麗な素敵な日でしたよね。
来店すると、個室ではないもののちょっとした応接の間のようなところに通して頂きました。担当さんのお話によると、ここである有名人がプロポーズをしたそうなんだけど、誰だか教えてくれないと喜びようがなかったです。

f:id:kotonoha13:20170111225124j:image
f:id:kotonoha13:20170111225218j:image
事前に本店に行った際にある程度検討していたので、優柔不断の私にしてはかなりスムーズに決まりました。
シンプルが大好きな二人なので結婚指輪にキラキラはなし。ただ、私はストレートの指輪だとちょっと印象が強すぎるように感じたので、ティファニーハーモニーにしました。婚約指輪がハーモニーじゃなくてセッティングなのに良いのかなーと思ったけど、合わせて付けてもそれほど違和感はなかったです。旦那さんはルシダ。リーズナブルに済みました。
指輪の裏の刻印を決めておしまい。受け取りは年明け1月3日です。早い!

f:id:kotonoha13:20170111225304j:image
受け取りの当日は、前日までのお互いの実家への年始挨拶回りで疲れきっていたので、ゆっくり寝てなんとなく駅伝見ながら支度して、13時くらいに店舗に行くつもりでしたが…よく考えたらちょうどそのくらいの時間に駅伝その辺にくるんじゃ!?と調べたらティファニー丸の内店の目の前の道が駅伝のコースじゃないか~!!そこからプランを全く変えずにゆったり支度をし、店舗に行きそわそわしながら結婚指輪を受け取り、店舗を出て10分ぐらいしたらトップの青山学院のランナーが通過していきました!ぴったり!貴重な経験でした!

f:id:kotonoha13:20170111225336j:image

より一層思い出が増えて大好き過ぎる有楽町~丸の内のイルミネーションです。

f:id:kotonoha13:20170111225523j:image

【式準備⑥】衣装合わせ第2回@LA CALLIFA

今回はとっても好きな感じのものに出会うことが出来ました!でもまだまだ決められない…。そして、新郎も初めての衣装合わせ。おっきいくせにおどおどしててちょっと可愛かったです。

f:id:kotonoha13:20170104200144j:image

これは自分で足元を撮ったもの。和服は生地を見てるだけで惚れ惚れします。

f:id:kotonoha13:20170104200251j:image
f:id:kotonoha13:20170104200447j:image

和装は下のものがお気に入りなんだけど、みんなに上のものが良いと言われまして、再び迷い中。

f:id:kotonoha13:20170104200638j:image
f:id:kotonoha13:20170104201441j:image

大きなバラのレースがアンティークっぽくて大好きでした。

f:id:kotonoha13:20170104201359j:image
f:id:kotonoha13:20170104202351j:image

これはバックスタイルが豪華、そしてゴールドなので派手すぎないレースが素敵でした。
f:id:kotonoha13:20170104201421j:image
ちょっと丈が短いような…?

優柔不断が発動していますが、あともう1回で決めます!必ず!