感謝。そしてがんばるらいふぶろぐ(仮)

結婚式準備と新生活でのあれこれめも。

【ドラマ感想】母になる

関西ジャニーズJr.道枝駿祐くんがドラマデビュー。言わずもがなそれがこのドラマを見始めた理由だ。でも実は沢尻エリカファンでもある。沢尻エリカが出ているドラマはなんだかんだいつも見ている。

圧倒的な顔面美。上記2人に藤木直人やら中島裕翔やらを加えた出演者の顔面美はやはりテレビ画面越しでも相当な迫力で伝わってくるけれど、それだからというか、かなりシリアスで微妙なテーマのドラマを、なんとなくおとぎ話のような雰囲気にしているのはこの出演者たちの効果もあると思う。

いよいよ来週が最終回というところまで見て、このドラマを見始めた当初、私が想像していたものとはかなり違うものが描かれているなあと思った。生みの親と育ての親という2人のバトル?を通して母親にふさわしいのはどちらか、真の母親とは何かを問うドラマだと思っていた。でも、どちらかというとこの2人を含めた色んな母の形が示され、そのすべてを優しく包むようなドラマだったなと思う。生んだ母親、育てた母親、生んでも育てない母親、全くの他人なのに親子のように接する母親、母親業を辞めて仕事で活躍する母親。

一番好きだったエピソードは、お好み焼き屋のおばあちゃんの話。子どもは、決して親と子だけの世界にとどまっているわけではない。色んな人と関わって、色んな人から愛情を貰って、そして色んな人に今度は自分から愛情を与えて育っていくんだ、ということが描かれているのかなと思った。

逃げ恥の時の感想でも多様性の許容について考えたけど、やはりこのドラマもそれに近いものを感じた。問題が普通有り得ないような平和的な解決をしたり、リアル感に欠けるところも多々あるけれど(そもそも子どもがあんなに良い子に育つことなんて99%ないと思うし)、ドラマが全体的にそれをなんとなく許してしまう童話的な雰囲気を醸し出しているのは、やはり先に挙げた顔面美の効果だろうか。現実味を欠いてはいるけれども、おとぎ話は安らぎと救いをくれる。

最終回が楽しみだけど、寂しくなるな。今後の道枝くんの活躍を大いに期待しています。(結局それ。)

【式本番①】披露宴BGM

2017年6月3日、無事式本番を終えてきました。1週間前の天気予報では雨だったことが信じられないくらいの気持ちの良い晴天で、幸せなひとときでした。
f:id:kotonoha13:20170605232009j:image

 ということで、舞台班ジャニーズヲタクによるあまりお勧めはしないけどたぶん唯一無二の披露宴BGMリスト載せておきます。

タイトルは「ジャニーズの自担(デビュー未)と、光一さんと屋良さんと辰越と、天使のゆまたんと、ミュージカル界の自担宮澤エマちゃんとハリウッド界の自担エマ・ワトソンの声を流したけど、たぶん知らない人からしたらジャニヲタってバレないよね!?」

以下は音響さんに送ったリストそのままです。

********************

・入場 滝沢歌舞伎overture+口上 :滝沢歌舞伎
・プロフィール紹介 いつも何度でも:松井莉也子
・乾杯 YOLO moment:中山優馬
・新婦中座 ありがとう:いきものがかり
・新郎中座 Gift:Mr.Children

・2人再入場 Whatever:Oasis
父親と新婦歩き出し The Rose:Bett Midler

・ケーキカット 恋:星野源
ファーストバイト 愛を叫べ:嵐

・テーブルラウンド
marry you:Bruno Mars
Dancing On Broadway: Endless SHOCKオリジナルサウンド・トラック2
Aesthetic:関山藍果
Belle:Beauty And The Beast2017
Dream is a Wish Your Heart Makes(夢はひそかに):Valley Boy
Beauty and The Beast:Beauty and The Beast2017

新婦手紙 アシタカとサン:久石譲
・花束贈呈 3月9日:レミオロメン(サビから)

・退場 You Raise Me Up:Celtic Woman

・お見送り
君とつくる未来:ケツメイシ
愛なんだ:PLAYZONE1986…2014★ありがとう!~青山劇場★オリジナルサウンド・トラック

・歓談(前半)

ジブリ和楽器メドレー

・歓談(後半)

Overture:Endless SHOCKオリジナルサウンド・トラック2

Beauty and The Beast2017より会場にお任せ

********************

 色打掛着て、和傘持って、滝沢歌舞伎のよーいやさー!で入場するの最高に楽しかった。乾杯で「さあ祝おうぜこの瞬間を」できたのも嬉しかった。「愛を叫べ」で嵐じゃなくてトラジャ思い浮かべるのも、「Marry you」でPとJKの警察官亀梨くんが脳裏に浮かぶのも楽しかった。

前半が和装だったので和楽器曲や日本の歌を、再入場からウェディングドレスだったので洋楽やミュージカル曲を多くしたつもりだけど結局ごっちゃ。

でも満足です。好き勝手やらせていただきました。

 

 

【すきなもの】横浜 ホテル・ニューグランド

憧れの場所、横浜のホテル・ニューグランドに行ってまいりました。
f:id:kotonoha13:20170513105409j:image
印象としては、建物の規模は想像より少し小さめ、こじんまりとしていましたがあらゆるところに好きなものが詰め込まれた空間でした。

旧館の1階に入るとすぐに憧れ続けたロイヤルブルーの絨毯の階段が。
f:id:kotonoha13:20170513105301j:image
この日はGW。お昼頃伺ったのですがこの日は結婚式が行われるということで、2階のロビーには入れませんでした。残念!私も神奈川在住だったら絶対にここで挙式したかったのに…と叫びながら奥へ。本日の目的はラ・テラスのアフターヌーンティーを頂くことです。でも、新館のロビーも素敵で、ふわふわうろうろしていたら順番待ちの名前を呼ばれたことに気づかない始末。
f:id:kotonoha13:20170513105628j:image
f:id:kotonoha13:20170513105643j:image

気を取り直して中へ。こちらも絨毯、椅子、装飾、窓から見える中庭と全てが素敵です。
f:id:kotonoha13:20170513105822j:image
f:id:kotonoha13:20170513162155j:image
f:id:kotonoha13:20170517200338j:image

アフターヌーンティーって、普通に飲んだら1000円以上するコーヒー・紅茶・ハーブティーが、庶民的に言うと飲み放題になるのがとってもお得な気分になります。そして、
f:id:kotonoha13:20170513162336j:image

到着~!フルーツ、お菓子、サンドイッチなのですが、このサンドイッチがめちゃくちゃ美味しかった。ローストビーフとか、ハムとか。ちなみに真ん中はポテチです。
f:id:kotonoha13:20170513162536j:image

そして、普段はスコーンをあまり好まない私ですが…
f:id:kotonoha13:20170513162619j:image

このスコーンがとっても美味しくて、今まで私が食べていたスコーンは何だったのか…となりました。

ゆっくり色々なお茶を楽しんでから中庭へ。中庭がまた上品!天気にも恵まれ、明るく爽やかでした。
f:id:kotonoha13:20170517195823j:image
f:id:kotonoha13:20170517195913j:image
たっぷり堪能してホテルを離れました。とっても満足な時間でしたが、やっぱりロビーが見られなかったことが心残り。
f:id:kotonoha13:20170517200214j:image

往生際が悪く、1階から見える範囲でロビー?を写真におさめます。

帰り道、海の方にあるくとフラワーフェスティバルが開催されていました。ここも天国のように素敵なところでした!
f:id:kotonoha13:20170517200600j:image
f:id:kotonoha13:20170517200638j:image
f:id:kotonoha13:20170517200718j:image
f:id:kotonoha13:20170517200736j:image

横浜最高!ではでは。

【式準備⑩】会場装花の打ち合わせ

式までとうとう約1ヵ月になりました。だいぶ前ですがハルチカを観に行った直後、ハルチカメンバーがKinKi Kidsのブンブブーンに出演しており、東郷神社の庭からロケを始めたのでものすごい興奮していました。そういえば原宿ですもんね。
f:id:kotonoha13:20170430111023j:image
f:id:kotonoha13:20170430111133j:image

思わず自分が撮った写真と並べてみたりして。桜がとっても綺麗です。

仕事の繁忙期中はやはりあまり何も考えられず、気がついたらもう1ヵ月。先日は装花の打ち合わせのために慌てて画像検索をかけ、前日にやっと自分のイメージを固めるような感じでした。

装花の担当の方はとても話しやすく、打ち合わせはとっても楽しく進めることが出来ました。花が好きと言いながら全く詳しくない私が、あくまでもふんわりとイメージだけ、なのにすごくこだわって要望を伝えても、ちゃんと意図を汲み取って具体的にして下さいました。

最初の打ち合わせは、2月中に行いました。まず「明るく」「春のような色合い」「でも派手にならずあくまでも大人っぽく」みたいなややこしい思いを伝えたく、事前に東郷記念館のフラワー室のInstagramから近いものをいくつもピックアップしていきました。まず一番好きな感じとして選んだのがこれ。
f:id:kotonoha13:20170430131203j:image
でも少しごちゃごちゃするかも、とのことで濃い青や紫は取り白を増やす方向に。
f:id:kotonoha13:20170430131404j:image

これも少し違うけど、好きな感じ。
f:id:kotonoha13:20170430132810j:image

こんなのも…。あとは、ひたすら丸い花が好き、特に丸いバラが好き、全体的にもこんもりと、丸っこく、と伝えていたと思います。
f:id:kotonoha13:20170430131513j:image
そこで、花は旬の芍薬かバラを使うことになりました。東郷記念館のフラワー室のInstagramの写真からイメージを伝える手段はとても良かったと思います。話が伝わりやすかったし、引き継ぎもされやすかったので。ただ色合いに関してはなかなかイメージにドンピシャな画像はなく、これをもっとこう変えて!とか色々口頭で説明していました。

サンプル確認の日は繁忙期を挟んで2か月後。最初の打ち合わせ後も画像検索を続けていたところ、、サンプル確認の3日前に色合い的にイメージにぴったりのものを見つけました!
f:id:kotonoha13:20170430131650j:image
これを慌ててメールで送信。3日前にも関わらずサンプルはしっかりそれを反映して下さっていて、とっても好きな感じに出来上がっていました。
f:id:kotonoha13:20170430131925j:image
f:id:kotonoha13:20170430132020j:image
f:id:kotonoha13:20170430132045j:image
写真では色があまり上手く出ていませんが、とっても素敵でした。それでももう少し注文をつけました。サンプル確認の日は、会場装花に合わせてテーブルクロス、ブーケ、両親に渡す花束、ケーキの周りの飾りなども決めて終了です。一生懸命話しすぎて疲れましたが、満足です。

今になってやっともう少しだという実感も沸いてきました。準備がんばらなくては…!
f:id:kotonoha13:20170430132907j:image

写真は打ち合わせの時に遭遇した花嫁様です。

【生活】ごほうび月間

f:id:kotonoha13:20170325210601j:image
春の訪れは大嫌い。仕事が繁忙期で、毎日花粉と(気持ち的には)汗と埃にまみれて、なりふり構わず休まず働いて。でも、そんな中でふと帰り道のエキナカかなんかで春色であふれた洋服屋さんを目にしたり、花屋さんにスイートピーやチューリップが並んでいたり、通勤途中にほんのちょっとだけど目の端に桜が咲いているのが見えると、心がふわっと浮き上がる。だから、春という季節は、実は大好きなのかもしれない。繁忙期が明けてGWに突入する頃には、すっきり晴天だという理由だけで思わず日比谷でスキップしちゃうくらい。(実際にやったことある)(場所が日比谷なのはそこで大好きなステージが毎年行われているから)

さて、ただふと思ったことを宣言しておきたいだけの記事なのですが、2017年4月から6月を「ごほうび月間」にしようと思います。ごほうび月間とは、好きなことを思いっきりやる月間!という完全なるオリジナルの代物です。

社会人も11年目に突入し、いや、その前の学生の時から、私は真面目しかやってこなかった自信があります。いつかの将来の自分のため、いつかの自分の家族のため、遊びもお金の使い方も節度を保って。仕事はあくまでも誠実に謙虚に。別に我慢してそれをしてきたわけではなく、そういう性格だから仕方ないんだけど、ふと、いつかっていつなんだろう?と思ってしまいました。

で。

初めて自分の家族ができた今、そしてもう一人の家族が増えて、その子のために生きたくなる前の今、ちょっと自分のやりたいことをやっちゃった方がいいんじゃないかと。

そう思ったら週1休みだから翌日のために体を休めて…とか、言ってられない。休日も思いっきり行動してしまえ!ってなってる。

そんな宣言でした。

具体的には、4月は週1の休みを頑張って行動する、5月は式準備をしつつ今までずっと行きたいと思っていたところにバンバン行く、6月は結婚式と、新婚旅行、ってなるのかな。真剣に楽しむぞ!

f:id:kotonoha13:20170325210639j:image

【好きなもの】クラシックホテルで会いましょう!?

9連勤×週1休み×残業、旦那さんは12連勤×超残業のやっと半分が過ぎようとしている、ふたりとも繁忙期真っ只中です。
さすがに疲れてきたので楽しいことの覚え書きだけ。
クラシックホテルに憧れています。気品と伝統のある重厚感漂う空間…と語りたいのですが、訪れたことはありません。なので、2017年に行きたいホテルリストでも。

f:id:kotonoha13:20170310091510j:image

※写真とホテルとは関係ないです。

横浜 ホテルニューグランド
ここは本当に本当に行きたくて、地元がそっちの方だったら絶対にここで結婚式を挙げたかった!というところ。

横浜|ホテルニューグランド(公式ホームページ)|山下公園が目の前、横浜中華街傍、昭和初期に誕生したヨーロッパスタイルの正統派ホテル

御茶ノ水 山の上ホテル
職場から常に近いんだけどなー。ここは近いうちに必ず伺います。

山の上ホテル HILLTOP HOTEL 御茶ノ水(公式サイト)

川奈ホテル
先日熱海に行ったときに訪れようかとも考えましたが断念。次はきっと!

トップページ |川奈ホテル

帝国ホテル
アフターヌーンティーをここで頂くのが長年の夢でした。

帝国ホテル 東京 | 公式サイト

川奈以外はそれほど難しくない場所なので、今年実現させるぞー!

【映画感想】ホルンと佐藤勝利というアイドル~ハルチカ感想~

どこにでもありそうな部活の、よくありそうなエピソード、ほんのちょっとだけドラマチックな、でも青春真っ只中の高校時代ならありそうな人間関係、そんな日常の延長のような些細な出来事を、丁寧に丁寧に描いた映画という印象だった。

顔面人間国宝佐藤勝利、そして1000年に1人の逸材の橋本環奈の起用に、並々ならぬKADOKAWAの気合いを感じながら観た分、良い意味で拍子抜けした。

この映画の吹奏楽部は、初心者から始めたヒロインのチカが突然上手くなったり、経験者であるハルタでさえすごく上手かったりはしない。頼みの綱の音楽家一家に育ったクラリネット奏者の芹澤さんも、チカとハルタがあれだけ奮闘して悩みを解決してあげたのに結局入部しなかった。もちろんコンクールで全国大会に行ったりもしない。

とてもリアルだった。中学でホルンを吹き、高校で定員の関係でクラリネットに回され初心者同然となり、大学でどうしてもホルンが吹きたくてオーケストラに入った自分から見ると、観ていてちょっと疲れてしまうくらい「部活」だった。チカが難しいフレーズのソロを何回も何回も何回も何回も練習するところは、自分がクラリネットを演奏している時代のトラウマが戻ってきそうだったし、合奏がチカのソロの失敗によって止まり、指揮者の先生が30分後の再開を言い放って出ていってしまうところ、残された部員たちが言い争いを始めるところは、なんだかもういたたまれなかった。

でもリアルだからこそ、生徒それぞれが持っている心のチクチクがチカの情熱と音楽の力によって癒されていく過程が、じんわり心に沁みてきたのかもしれない。皆で心を合わせて音楽を奏でることがなんて楽しいことか、そしてそんな演奏がどんなに人の心を打つかを思い出させてくれる物語だった。

ところで、この映画の一番の価値は、勝利くんにホルンを持たせたことにある、というのは私の個人的だけど強い見解だ。ジャニーズに入り、表舞台に出だすやいなやSexy Zoneの絶対的センターとしてステージの真ん中に立ち続けてきた佐藤勝利という一人のアイドル。でも、ホルンを持つということは必然的に彼の立ち位置は舞台奥の向かって少し左になる。ステージのセンターじゃないところから、最前列でフルートを吹くチカをあたたかくも力強い視線で見守るハルタ、それを演じる絶対的センター佐藤勝利に、また新しい世界が広がったように見えたのは気のせいではない、はず。

さらにもうひとつ。ホルンはその特徴から他の楽器とは決定的に違う点がひとつある。そしてその違いこそが、勝利くんがホルン奏者を演じたことの価値をもっと高めていると思っている。ホルンが他の楽器と決定的に違うところ、それはベル(音の出口)が後ろを向いているということ。つまり、ホルンの音は一度舞台の後ろの反響板に向かい、そこに当たってからみんなの音を包み込むように拡がって観客にまで届くのだ。

あくまで、特にSexy Zoneのファンではない立場から見た場合だけど、センターに立つ勝利くんは、一番前に立つ人というよりも、5人が作る三角形を支点で支えている人、という印象があった。前にいるけど後ろの人達の方をしっかり向いている人、という。だからか、外見はどの楽器より美しい(個人的見解です。でも一般的にもそう言われているのかな?)けれど、それほど派手に振る舞うことなく地道に皆の音を支えまとめるホルンを勝利くんが吹くと聞いたときは、なんてぴったりなんだ!!と興奮したものだ。

最後に、劇中のハルタの演奏を聞いても分かると思うが、ホルンは、特に吹奏楽では、ポ、ポ、ポ、ポとかポポポポとか、ポーーー!といったいじらしいくらい地道で地味な演奏が多いが、チカのソロに繋がるフレーズの始まりを告げるあのホルンパートのように、たまに物凄く格好いい部分がある。奥ゆかしくて、でも頼りがいがあって、ここぞというときに格好いい、奥深い楽器がホルンなのだ…というホルンの盛大な宣伝をしてハルチカの感想を終わりにしたい。

音楽、やりたいな。純粋にそう思えた。